トップページ > 不動産投資の基礎知識 > 不動産投資利益の見かた

不動産投資利益の見かた


不動産投資の収益源は、前段で説示しました家賃収入(インカムゲイン)、そして購入物件が値上がりした後に売却して得る売却益(キャピタルゲイン)があります。

この不動産投資における収益率のことを「利回り」といい、利回りには、最も多く使われている指標として表面利回りと実質利回りがあります。

「表面利回り」

表面利回り(%)=家賃収入÷物件価格×100

「例」 不動産物件の価格が1,800万円、月額家賃15万円とすると、以下のように算出します。 表面利回り=15万円×12ヶ月÷1,800万円×100%=10% 購入時や管理運営にかかる税金・諸費用等を含めないで計算するので、実際に手元に入るお金を正確には表わしていません。 計算が簡単にできるため、よく使われています。 マイソク、広告に掲載されている利回りは、表面利回りがほとんどです。

「実質利回り」

質利回り(%)=実質家賃収入÷実質物件価格×100

実質家賃収入(141万円)=(月額家賃収入(15万円)-管理費等(7千円))×12カ月-固定資産税(含む都市計画税)(306千円) 実質物件価格(1,966万円)=購入価格(1,800万円+仲介手数料(63万円)+印紙税(15千円)+司法書士手数料(10万円)+登録免許税(36万円)+不動産取得税(54万円)+リフォーム費用(必要のとき)+保険料(15千円)

(実質利回り計算は、さしあたり空室率は考えない、また、臨時突発的な修繕費、毎月のローン返済額、家賃収入にかかる所得税・住民税も考えないで計算します)。

「例」 (数字は上記のとおり) ☆不動産物件の価格が1,800万円、月額家賃15万円とすると、以下のように算出します。

実質利回り=141万円÷1,966万円×100%=7.17%

 

 

不動産投資の収益源は、前段で説示しました家賃収入(インカムゲイン)、そして購入物件が値上がりした後に売却して得る売却益(キャピタルゲイン)があります。

この不動産投資における収益率のことを「利回り」といい、利回りには、最も多く使われている指標として表面利回りと実質利回りがあります。

「表面利回り」

表面利回り(%)=家賃収入÷物件価格×100

「例」 不動産物件の価格が1,800万円、月額家賃15万円とすると、以下のように算出します。 表面利回り=15万円×12ヶ月÷1,800万円×100%=10% 購入時や管理運営にかかる税金・諸費用等を含めないで計算するので、実際に手元に入るお金を正確には表わしていません。 計算が簡単にできるため、よく使われています。 マイソク、広告に掲載されている利回りは、表面利回りがほとんどです。

「実質利回り」

質利回り(%)=実質家賃収入÷実質物件価格×100

実質家賃収入(141万円)=(月額家賃収入(15万円)-管理費等(7千円))×12カ月-固定資産税(含む都市計画税)(306千円) 実質物件価格(1,966万円)=購入価格(1,800万円+仲介手数料(63万円)+印紙税(15千円)+司法書士手数料(10万円)+登録免許税(36万円)+不動産取得税(54万円)+リフォーム費用(必要のとき)+保険料(15千円)

(実質利回り計算は、さしあたり空室率は考えない、また、臨時突発的な修繕費、毎月のローン返済額、家賃収入にかかる所得税・住民税も考えないで計算します)。

「例」 (数字は上記のとおり) ☆不動産物件の価格が1,800万円、月額家賃15万円とすると、以下のように算出します。

実質利回り=141万円÷1,966万円×100%=7.17%

 

 

不動産投資の収益源は、前段で説示しました家賃収入(インカムゲイン)、そして購入物件が値上がりした後に売却して得る売却益(キャピタルゲイン)があります。

この不動産投資における収益率のことを「利回り」といい、利回りには、最も多く使われている指標として表面利回りと実質利回りがあります。

「表面利回り」

表面利回り(%)=家賃収入÷物件価格×100

「例」 不動産物件の価格が1,800万円、月額家賃15万円とすると、以下のように算出します。 表面利回り=15万円×12ヶ月÷1,800万円×100%=10% 購入時や管理運営にかかる税金・諸費用等を含めないで計算するので、実際に手元に入るお金を正確には表わしていません。 計算が簡単にできるため、よく使われています。 マイソク、広告に掲載されている利回りは、表面利回りがほとんどです。

「実質利回り」

質利回り(%)=実質家賃収入÷実質物件価格×100

実質家賃収入(141万円)=(月額家賃収入(15万円)-管理費等(7千円))×12カ月-固定資産税(含む都市計画税)(306千円) 実質物件価格(1,966万円)=購入価格(1,800万円+仲介手数料(63万円)+印紙税(15千円)+司法書士手数料(10万円)+登録免許税(36万円)+不動産取得税(54万円)+リフォーム費用(必要のとき)+保険料(15千円)

(実質利回り計算は、さしあたり空室率は考えない、また、臨時突発的な修繕費、毎月のローン返済額、家賃収入にかかる所得税・住民税も考えないで計算します)。

「例」 (数字は上記のとおり) ☆不動産物件の価格が1,800万円、月額家賃15万円とすると、以下のように算出します。

実質利回り=141万円÷1,966万円×100%=7.17%

 

 

不動産投資の収益源は、前段で説示しました家賃収入(インカムゲイン)、そして購入物件が値上がりした後に売却して得る売却益(キャピタルゲイン)があります。

この不動産投資における収益率のことを「利回り」といい、利回りには、最も多く使われている指標として表面利回りと実質利回りがあります。

「表面利回り」

表面利回り(%)=家賃収入÷物件価格×100

「例」 不動産物件の価格が1,800万円、月額家賃15万円とすると、以下のように算出します。 表面利回り=15万円×12ヶ月÷1,800万円×100%=10% 購入時や管理運営にかかる税金・諸費用等を含めないで計算するので、実際に手元に入るお金を正確には表わしていません。 計算が簡単にできるため、よく使われています。 マイソク、広告に掲載されている利回りは、表面利回りがほとんどです。

「実質利回り」

質利回り(%)=実質家賃収入÷実質物件価格×100

実質家賃収入(141万円)=(月額家賃収入(15万円)-管理費等(7千円))×12カ月-固定資産税(含む都市計画税)(306千円) 実質物件価格(1,966万円)=購入価格(1,800万円+仲介手数料(63万円)+印紙税(15千円)+司法書士手数料(10万円)+登録免許税(36万円)+不動産取得税(54万円)+リフォーム費用(必要のとき)+保険料(15千円)

(実質利回り計算は、さしあたり空室率は考えない、また、臨時突発的な修繕費、毎月のローン返済額、家賃収入にかかる所得税・住民税も考えないで計算します)。

「例」 (数字は上記のとおり) ☆不動産物件の価格が1,800万円、月額家賃15万円とすると、以下のように算出します。

実質利回り=141万円÷1,966万円×100%=7.17%

 

ページのTOPへ