トップページ > 不動産投資の基礎知識 > 不動産投資の諸費用

不動産投資の諸費用


不動産の取得には、購入費用だけではなく諸費用が必要となります。 物件価格以外の諸費用(下記参照)として「物件購入価格の7~8%」が目安とされています(税金等の詳細な計算は専門家に相談してください)。

 

仲介手数料

不動産購入価格 手数料
200万円以下 5%+消費税
200~400万円以下 4%+2万円+消費税
400万円超 3%+6万円+消費税

印紙税(軽減後の税額)

契約金額 印紙税額
500万円~1,000万円以下 10,000円
1,000万円~5,000万円以下 15,000円
5,000万円~1億円以下 45,000円

登録免許税・不動産取得税

固定資産税評価額に対する税率
登録免許税 2%(購入時支払)
不動産取得税 3%(購入後3~6カ月後)

1.床面積要件に該当する新築の貸家住宅の不動産取得税は、住宅価格から1,200万円を控除される特例があります。

2.土地については、取得が平成24年3月31日までの間に行われた場合には、課税標準を土地価格の2分の1にする特例措置があります。

 

司法書士手数料

報酬・謄本取得代・登記印紙代などです。

 

火災保険料

規模・構造・築年数・地震保険の加入の有無などによって決まります。

 

固定資産税・都市計画税の日割り

その年の固定資産税・都市計画税を、引渡日に日割り精算します。

 

不動産賃貸にかかる税金

固定資産税評価額に対する税率
固定資産税 1.4%(標準税率)
都市計画税 0.3%(制限税率)

不動産所得にかかる所得税・住民税

不動産を賃貸しますと、不動産所得として、国税の所得税、地方税の住民税がかかります。

 

不動産所得の金額=総収入金額-必要金額

具体的には、総収入金額は地代・家賃などの収入が対象です。
必要経費には、固定資産税・保険料・建物等の減価償却費・借入金の利子・修繕費などがあります。

 

不動産の取得には、購入費用だけではなく諸費用が必要となります。 物件価格以外の諸費用(下記参照)として「物件購入価格の7~8%」が目安とされています(税金等の詳細な計算は専門家に相談してください)。

 

仲介手数料

不動産購入価格 手数料
200万円以下 5%+消費税
200~400万円以下 4%+2万円+消費税
400万円超 3%+6万円+消費税

印紙税(軽減後の税額)

契約金額 印紙税額
500万円~1,000万円以下 10,000円
1,000万円~5,000万円以下 15,000円
5,000万円~1億円以下 45,000円

登録免許税・不動産取得税

固定資産税評価額に対する税率
登録免許税 2%(購入時支払)
不動産取得税 3%(購入後3~6カ月後)

1.床面積要件に該当する新築の貸家住宅の不動産取得税は、住宅価格から1,200万円を控除される特例があります。

2.土地については、取得が平成24年3月31日までの間に行われた場合には、課税標準を土地価格の2分の1にする特例措置があります。

 

司法書士手数料

報酬・謄本取得代・登記印紙代などです。

 

火災保険料

規模・構造・築年数・地震保険の加入の有無などによって決まります。

 

固定資産税・都市計画税の日割り

その年の固定資産税・都市計画税を、引渡日に日割り精算します。

 

不動産賃貸にかかる税金

固定資産税評価額に対する税率
固定資産税 1.4%(標準税率)
都市計画税 0.3%(制限税率)

不動産所得にかかる所得税・住民税

不動産を賃貸しますと、不動産所得として、国税の所得税、地方税の住民税がかかります。

 

不動産所得の金額=総収入金額-必要金額

具体的には、総収入金額は地代・家賃などの収入が対象です。
必要経費には、固定資産税・保険料・建物等の減価償却費・借入金の利子・修繕費などがあります。

 

 

不動産の取得には、購入費用だけではなく諸費用が必要となります。 物件価格以外の諸費用(下記参照)として「物件購入価格の7~8%」が目安とされています(税金等の詳細な計算は専門家に相談してください)。

 

仲介手数料

不動産購入価格 手数料
200万円以下 5%+消費税
200~400万円以下 4%+2万円+消費税
400万円超 3%+6万円+消費税

印紙税(軽減後の税額)

契約金額 印紙税額
500万円~1,000万円以下 10,000円
1,000万円~5,000万円以下 15,000円
5,000万円~1億円以下 45,000円

登録免許税・不動産取得税

固定資産税評価額に対する税率
登録免許税 2%(購入時支払)
不動産取得税 3%(購入後3~6カ月後)

1.床面積要件に該当する新築の貸家住宅の不動産取得税は、住宅価格から1,200万円を控除される特例があります。

2.土地については、取得が平成24年3月31日までの間に行われた場合には、課税標準を土地価格の2分の1にする特例措置があります。

 

司法書士手数料

報酬・謄本取得代・登記印紙代などです。

 

火災保険料

規模・構造・築年数・地震保険の加入の有無などによって決まります。

 

固定資産税・都市計画税の日割り

その年の固定資産税・都市計画税を、引渡日に日割り精算します。

 

不動産賃貸にかかる税金

固定資産税評価額に対する税率
固定資産税 1.4%(標準税率)
都市計画税 0.3%(制限税率)

不動産所得にかかる所得税・住民税

不動産を賃貸しますと、不動産所得として、国税の所得税、地方税の住民税がかかります。

 

不動産所得の金額=総収入金額-必要金額

具体的には、総収入金額は地代・家賃などの収入が対象です。
必要経費には、固定資産税・保険料・建物等の減価償却費・借入金の利子・修繕費などがあります。

 

 

不動産の取得には、購入費用だけではなく諸費用が必要となります。 物件価格以外の諸費用(下記参照)として「物件購入価格の7~8%」が目安とされています(税金等の詳細な計算は専門家に相談してください)。

 

仲介手数料

不動産購入価格 手数料
200万円以下 5%+消費税
200~400万円以下 4%+2万円+消費税
400万円超 3%+6万円+消費税

印紙税(軽減後の税額)

契約金額 印紙税額
500万円~1,000万円以下 10,000円
1,000万円~5,000万円以下 15,000円
5,000万円~1億円以下 45,000円

登録免許税・不動産取得税

固定資産税評価額に対する税率
登録免許税 2%(購入時支払)
不動産取得税 3%(購入後3~6カ月後)

1.床面積要件に該当する新築の貸家住宅の不動産取得税は、住宅価格から1,200万円を控除される特例があります。

2.土地については、取得が平成24年3月31日までの間に行われた場合には、課税標準を土地価格の2分の1にする特例措置があります。

 

司法書士手数料

報酬・謄本取得代・登記印紙代などです。

 

火災保険料

規模・構造・築年数・地震保険の加入の有無などによって決まります。

 

固定資産税・都市計画税の日割り

その年の固定資産税・都市計画税を、引渡日に日割り精算します。

 

不動産賃貸にかかる税金

固定資産税評価額に対する税率
固定資産税 1.4%(標準税率)
都市計画税 0.3%(制限税率)

不動産所得にかかる所得税・住民税

不動産を賃貸しますと、不動産所得として、国税の所得税、地方税の住民税がかかります。

 

不動産所得の金額=総収入金額-必要金額

具体的には、総収入金額は地代・家賃などの収入が対象です。
必要経費には、固定資産税・保険料・建物等の減価償却費・借入金の利子・修繕費などがあります。

 

ページのTOPへ